AJEXが考えるエクステリア

防犯配慮設計

実態調査に基づいた総合的な防犯配慮設計で、
狙われにくく、安心な住まいづくりを提案しています。

防犯環境

■ご入居宅の実例からわかった狙われやすい場所の概念図

調査データをもとに、狙われにくい住まいをご提案する防犯配慮設計システム「ASDS」

ご入居者の方々の声から、「空き巣に狙われにくいポイント」を解明

いつまでもご家族に快適・安心に住み続けていただくために、ヘーベルハウスは常に防犯設計向上を目指しています。長期間にわたるアフターサービスを通じてご入居者の実際の声を聞き、得られた侵入盗被害の実態を調査・分析。典型的な侵入パターンを解明しました。侵入盗被害の9割以上が「1階」に集中。狙われた開口部は「1.5m以下の窓」。また、「道路から6m以上の敷地奥」からの侵入が全体の9割を占めています。

被害開口部の位置

被害開口部の位置

3つのディフェンス

狙われにくい住まいづくりを実現する 防犯配慮設計システム「ASDS」

ご入居者への調査による侵入盗被害の実態分析から、安心して住み続けるためには、侵入に抵抗することはもちろん、予防のための「狙われにくい環境」をつくることが大切だということが分かりました。防犯配慮設計システム「ASDS(Asahikasei Secured Defense System)」は、「ハードディフェンス」「ゾーンディフェンス」「ソフトディフェンス」の3つの角度から検討し、総合的な対策を邸別にご提案。防犯性に優れた狙われにくい住まいづくりを実現します。

Hard Defense ハードディフェンス

開口部の強化

開口部の強化

CP部品使用サッシ・防犯ガラス/
シャッター/面格子など

侵入盗の7割は5分以内に侵入できないと犯行をあきらめます※。ヘーベルハウスでは、1階の手の届きやすい開口部に、5分の侵入抵抗力を持つ「防犯性の高い建物部品(CP部品)」をご用意。シャッターや面格子などでも開口部を強化しています。

※(財)都市防犯研究センターの報告書による。

併せ低放射複層ガラス

特殊フィルムを挟み破壊に強い
「合わせ低放射複層ガラス」

Zone Defense ゾーンディフェンス

敷地の防犯環境設計

敷地の防犯環境設計

アクセスゾーンの明確化/
見通しの確保/アラーム設置

水道や電気メーターなどが敷地奥にあると、不審者を識別しにくく危険です。ヘーベルハウスは敷地内を、見通しの悪い「ケアゾーン」、見通しのきく「プライベートゾーン」、来訪者が立ち入れる「アクセスゾーン」に分類して、各ゾーンに合わせた防犯対策を提案。不審者が入りづらく、見つかりやすい設計で、狙われにくい環境をつくります。

視線を通すフェンスを設置することで
侵入しにくくします

仕切戸で奥のゾーンへの立ち入りを制限

光や音で警告、夜間の防犯に効果を発揮

Soft Defense ソフトディフェンス

用心する習慣をサポート

用心する習慣をサポート

来訪者チェック/照明自動点滅/
戸締りサポート

住宅侵入被害の7割以上が、不在時を狙われた空き巣です※。留守でも在宅を装える「留守番タイマースイッチ」や「外出時の照明点灯」、「外出時のシャッター閉め」など、留守中も用心できる防犯設計や防犯設備で、生活習慣の中で狙われるスキをつくらないようにします。

※警察庁「平成20年の犯罪情勢」より

自動点灯・消灯で在宅を
印象づける